とても気になる安楽死のことを放送していました

ビートたけしのテレビタックルを珍しく見ました。
私はその時はテレビの画面を見ておらずユーチューブを見ていたのですが、気になるテーマがやっていたので動画を見るのをやめてテレビに集中しました。
そのテーマが安楽死でした。
日本では安楽死を求める声がある一方でまだ実現化はされていません。
しかしスイスでは安楽死をすることが出来るということなのです。
スイスに住んでいない他国の人でも条件を満たしているのであれば安楽死をすることが出来るそうです。
その条件というのは治る見込みのない病気の方で、痛みで苦しんでいるとかそのような理由がないと駄目みたいですけどね。
70代のフランス人女性が亡くなる前の姿を放送していたの ですが、 死ぬ為の薬を自分で飲まないといけないそうです。
本当は死にたくなかったそうですが、痛みがあまりにも辛く死を選択することにしたそうです。
なんとも切ない話です。
痛みを取る薬があれば死ななくて済んだのでしょうね。ひげ ミュゼ

ダイエットのために毎日50回のスクワットを行っています

増え続ける体重に歯止めをかけようと始めたのが「スクワット」です。
両手を体の前に出して、ひざを曲げて屈伸運動を繰り返し行っていきます。
スクワットは簡単にできる動作なので運動が苦手な私でも苦労なくできる上に、ダイエットにかかる費用もなく下半身の筋肉の強化につながります。
筋肉が増えると代謝がよくなるので効率的にダイエットできるのです。
はじめは10回やるのにも息切れを起こしていましたが、毎日、頑張って続けていくうちに50回まで楽にできるようになりました。
スクワットを始めてよかったことは、足のむくみが改善されたことです。
以前は、夕方近くになるとふくらはぎがパンパンになることが多かったのですが、スクワットにより血行やリンパの流れが改善されたのでこの症状がなくなりました。
肝心の体重のほうは、一か月たった今でも変化はないのですが、それでも腰回りは、少しほっそりとしてきたのでもう少し続けてみようと思います。キレイモ 脇だけ

子供のために応援?ホームもビジターも共通なんだよね?解るかな?

ニュースでは最近、よく耳にする。
「子供たちのために・・・」 とか 「子供たちを笑顔に・・・」 なんて
選手がインタビューで答える。

そうなんだけど・・・・なんか違っているような・・・
たまたまスタジアムに親と一緒に来て、見ていて? またテレビで見ていて?
その子が、選手が一生懸命プレイしたのを見ていて、野球が好きになっていたり・・・?
そのアクションを見てマネしてみたり、そんな子が目をランランになったり、そんな子がたくさんいます。

でもその・・・子供達からしたら、スタジアムでプレイしてるのが、ホームの選手だろうとビジター、敵チームだろうと
関係ないし、いちいちそんなこと解る筈もありません。
その「子供たちのために・・・」と言うならば、勝ち負けよりも・・・勝ち負けを超越したプレイ?
プロの試合なんだから、エンターテイメント的な?本当に楽しい野球を見たい筈なんだから、子供達からしたら、それがすべて!
ですよね?
 
・・・まぁ 普通に野球見るだけなら、その辺の河川敷やグラウンドで見てればタダだからね!