トップスター水夏希さんのお披露目公演『エリザベート』

2007年に宝塚歌劇団雪組で上演された『エリザベート』。トップスター水夏希さんの宝塚大劇場お披露目公演でした。
黄泉の帝王トートを水夏希さんが、オーストリア皇后エリザベート(シシィ)を白羽ゆりさんが演じました。オーストリア皇帝フランツ・ヨーゼフを、この公演が雪組生として初めての大劇場公演になった彩吹真央さんが演じました。物語のストーリーテラーでありエリザベートを暗殺したイタリア人テロリストのルイジ・ルキーニを音月桂さんが、オーストリア皇太子ルドルフを凰稀かなめさんが演じました。
フランツ・ヨーゼフの母親で皇太后ゾフィーには、男役の未来優希さんが選ばれました。未来さんは、1996年の初演時の7年目までの若手だけで演じる新人公演で、同役を演じており2度目の挑戦となりました。
新人公演では、トートを沙央くらまさんが、エリザベートを大月さゆさんが演じました。沙央さんは本公演では、ハンガリーの革命家のシュテファンを演じました。銀座カラー 無料カウンセリング